BH7642 ライチョウ(冬) 29 ROCK PTARMIGAN

JAN:4806021976425
¥4,500 +税
サイズ(cm) W12cm × H28cm × D38cm
分類、生息環境
鳥類,高山・高原
生息地域、生息地
北米,ヨーロッパ,アジア

特別天然記念物 純白の冬の姿

日本の天然記念物であるライチョウが、冬の姿と夏の姿でHANSAに登場です。
こちらは尾羽以外真っ白な冬の姿。オスのみが出すことのできる肉冠がついています。


主な生息地:北極海沿岸、アルプス山脈、飛騨山脈、赤石山脈等
食性:草食
好物:新芽

学名である「Lagopus muta」の「Lagopus」とは、「ウサギの足」という意味。それが指す通りライチョウの足は爪以外の全てが毛に覆われています。なんと初めて日本にやってきたのは氷河期とのこと。今でも極寒の地域に住むライチョウは、足の羽毛のおかげで雪の上をスムーズに歩くことができるのです。
日本固有亜種であるニホンライチョウは赤石山脈等の本州中部山岳地帯に生息し、これはライチョウ種生息地の最南端に位置します。
日本では天然記念物に指定されているライチョウですが、世界でもいくつかの国ではレッドリストに登録されています。

amazon Yahoo!ショッピング 楽天 ショップ レンタル

関連商品